ココロの防災対策

あなたは、当たり前の日常が一瞬で崩れる恐怖を想像できますか?

 

先日テレビで、東日本大震災の気仙沼の様子を見ました。

テレビの画面を通しているのに、心臓はバクバクして、涙が止まりませんでした。

当事者の恐怖やストレスは、想像絶するものです。あなたのお子様は、被災のストレスや、環境の変化に対応することが出来ると思いますか?

環境の変化に対応できず、笑顔や声を忘れてしまうこともあります。

また、せっかく命が助かったのに、ストレスに押しつぶされ自ら命を絶つことも・・・

いくら防災に努めていても、それでは本当の意味で助かったとは言えませんね。

ストレスに強い心を育てることも、立派な防災対策です。

でも、どうやったらストレスに強い心を育てられるのでしょうか。

それは、心を鍛えればいいんです。

え・・・心を鍛える?

「鍛える」というと、負荷をかけるイメージがありますが

この場合は、違います。

では、どうすればいいのでしょうか?

実は簡単!!

ふれ合うこと。

ふれ合うことで、幸せホルモンである「オキシトシン」が分泌され

強い心の土台を作っていきます。

だから、たくさんギューっとしてあげてください。

ハグが恥ずかしいというならマッサージだって効果的。

物質的に触れることももちろんですが、それだけではありません。

同じ空間、同じ時間を共有することもふれ合いです。

でも、注意点が1つ!

それは「きちんと子供と向き合うこと」

ハグしていても、話を聞いていても、一緒に遊んでいても

スマホ片手に、料理しながらでは、強い心は育ちません。

子供を想い、向き合い、心と心のふれ合いも大事にして

ストレスや環境の変化に対応できる心を育てましょう。

 

2019年からは、ふれ合いの大切さも含め

防災に大切な3つの備え「1、モノの備え2、心の備え3、経済の備え」

それぞれに特化したセミナーを今後開催していこうと思います。

詳細は、Facebookやホームページを参照ください。

Facebook⇒https://www.facebook.com/mitra0123/

愛育feel care協会⇒ https://aiikufeelcare.biz/

LINE@登録で、セミナー開催情報をお届けします!

LINE@ID⇒@jii2470e

 

執筆;feel care片づけ防災マイスター Mayumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です